仕事における女性の憧れ – キャリアウーマンになろう

看護師の求人情報を見たときに、内科での募集を見かけることが多々あります。内科というのは実に幅広い分野であり、体の内臓に関する疾患を扱います。内臓の部位ごとに分かれていますが、循環器科、消化器系、呼吸器科などが有名で一般的なところではないでしょうか。また、内科では慢性期や回復期、終末ターミナル期など病気の進行の時期でも分かれています。自分が一体どこの科で、どういった時期にある人たちと向き合っていきたいのかをよく考える必要があります。内科は基本的には入院病棟や外来で働くことになります。入院病棟では長期にわたって入院する人も多いので、そこでのコミュニケーションが大切です。病院という空間の中だけで過ごす患者にとっていい意味で刺激になるように看護師が積極的にコミュニケーションをとっていくことが必要です。患者同士でのコミュニケーションも重要ですので、橋渡し役にもなれるように、人間関係にはよく目を配る必要があります。ですのでどちらかというと医療技術というよりは精神的な支えになることのほうが求められるでしょう。一方外来だととにかく忙しい、というのが現状です。風邪はもちろん、何が悪いのか分からないという症状のときもまずは内科、となりますよね。そのため多くの患者が訪れます。そこで働く看護師はそれを素早くさばくことが大事になります。そして患者からどういった症状があるのかを聞き出して必要な情報を医師に伝える能力が求められます。こちらもやはりコミュニケーション能力が必要になるところだと思います。看護の知識が豊富で技術が優れているうえに人間的に魅力がある看護師は、魅力的でかっこいいものです。