仕事における女性の憧れ – キャリアウーマンになろう

仕事ができる女性をめざして、キャリアアップのために転職を考えることがあると思います。転職するときに気になるのは、やはり収入面のことだと思います。求人情報を見るときでもそこに注目する人は多いでしょう。何かやりたいことがあって、その仕事をするためであれば収入は今より減っても構わないという人もいますが、大半の人は自分のさらなるキャリアアップ、スキルアップをするための転職なはずですので、それをある意味で数値化している収入は上げておきたいところでしょう。転職のときに収入アップさせた人の大半が、20代後半で転職活動を始めて転職した人です。入社して5年ほど経つと、成長幅に個人差がついていて実力がついている人とそうではない人がはっきりしてきます。ですので、転職活動をしても引く手あまたな人もいれば中々決まらないという人もいるでしょう。その人達の仕事はIT業界や電機メーカーなどが多いようです。そして職種は営業、電機メーカーの技術系、IT業界での技術系が多いです。ですので、元々収入面では低くない、むしろ高収入である部類の人たちが転職活動をしてさらに収入をアップさせているのです。さらに、転職後の企業が同じ職種、業種である割合と違う業種で同じ職種というのがほぼ同じなのです。したがって、傾向としては自分のそれまで培ってきたスキルを活かせることが前提なようです。もちろん違う業種、職種への転職もありますが、それは全くの初心者として入るわけではなく、場所は違えど自分の能力が活かせる場であることが必要です。転職はもちろん、そこで高収入を得るためには自分が価値ある、能力のある人材だと思ってもらわなければならないので、意識しましょう。